過ぎてしまえばあっけないもの

過ぎてしまえばあっけないもの

 

カードローンの申込みはネットで24時間いつでも可能です。自宅でテレビを見ながらでも簡単に申込みができます。
ただしその後に待ち受けている在籍確認には、少々恐れを感じる人もいると思います。

 

自分の勤め先に金融会社から確認の電話が入るのですから、無理もないでしょう。仕事がらみの電話ならば問題ありませんが、在籍確認の電話は言ってみれば「私用電話」ということになるため、そんな電話が掛かって来るだけで緊張してしまうと思います。
増してや借入れの申込みをした金融会社からの電話ならば、尚更のことと言えるでしょう。

 

そのようなことを踏まえると、在籍確認は精神的に厳しい状態となるのでは?と思ってしまうかも知れません。オフィスの電話のベルが鳴る度に「ドキッ」としてしまって、仕事どころではなくなることも考えられます。

 

それでもカードローンを利用するには、在籍確認という壁を乗り越える必要があるのです。その為には是非ポジティブな気持ちで臨んでみてください。

 

電話連絡でもバレる可能性は低い

電話を掛けて来る金融会社側でも利用者の社会生活に支障をきたさないよう、最善の注意を持って臨んでくれます。社名を名乗るなんてことは間違ってもありません。
更に金融会社によっては、こちらの電話を掛ける時間帯や、オペレーターの性別などの希望を聞いてくれることもあります。

 

男性宛に個人名で女性から電話があったら、同僚が電話を取った場合には怪訝そうな顔をされる可能性もあります。男性からの電話ならば、仕事関係かな?というように解釈をして貰える可能性もあります。

 

事前に良く金融会社に相談をしたり、打ち合わせをしておくことで、在籍確認は思ったよりも難なく済ませることも可能になります。
「大変!」と恐れていた在籍確認も、終わってしまえば実にあっけないものだったという感想に変わることでしょう。